【管理人近況】澄んだ空気が気持ち良い秋ですね!だんだん寒さへの備えをしているこのごろです。

【2021秋】中伊豆~西伊豆 旅行記

コロナ前以来、久しぶりに伊豆を旅行。近年は伊豆に行ったとしても東京から距離的に近い東伊豆ばかりでしたが、今回は久しぶりに西伊豆へ宿泊しました。1泊2日で回った箇所を綴ってみたいと思います。

裾野市のオモウマイ店「かど乃や」

東名高速の渋滞を避けるため朝早くに出発し、まずは御殿場のお隣、裾野市にあるパノラマロードへコスモス見学。コスモスは綺麗でしたが富士山は見えなくて残念。そして早めのランチがてら同じ裾野市にある「かど乃や」へ。TBSのテレビ番組「オモウマイ店」にも出演したラーメン店です(番組初期は面白くて好きな番組でした~)。

グーグルマップ等の口コミを見るとなかなか個性的なお店なので、事前の情報収集はした上で無理だと思ったら行かない方が賢明です(笑)。どんぶりにびっしりと、むしろはみ出しているチャーシューは一見の価値ありです。ですが、店主さんがおひとりで営業しているため、利用に際しては細かなルールがあるのでクセが強いお店なのは間違いありません。お味は意外と安心感のある王道的なラーメンでした。

 
リーネ
オモウマイ店の番組で観た印象とだいぶ違ったけど、ラーメンはおいしかったです。チャーシュー好きにはたまりません。

その後は伊豆半島を南下し、2017年にオープンした「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」へ。隣には「わさびミュージアム」「かねふくめんたいパーク」があり、この場所を見るだけでだいぶ時間を使いました。めんたいパークの「生明太子」が大好きなので、ついつい買っちゃいます。

西伊豆 黄金崎~堂ヶ島公園

ロングドライブで西伊豆に移動して(途中で別記事に書いた和カフェでひと休み)、黄金崎公園で馬の形をした岩を眺め。堂ヶ島公園では天窓洞の上から洞窟めぐり遊覧船が運行する様子を眺めました。本当は遊覧船に乗りたかったのですが、この日はお天気がイマイチだったので遊覧船も運行休止だろうと思いのんびり到着したところ、運行していたというオチでした(しかもタッチの差で最終便が出航したところ)。またいつかの機会に遊覧船には乗りたいです。 【堂ヶ島マリンのサイト】

海辺のかくれ湯 清流

「海辺のかくれ宿 清流」に宿泊。海のそばに建つホテルなのでロビーやお風呂からの眺めが最高でした!堂ヶ島公園など行きたいスポットからも近くて便利でした。いろんなサイトから予約できます。【じゃらん / 楽天トラベル / Yahoo!トラベル / るるぶトラベル / ゆこゆこ

堂ヶ島サンセットイルミ2021

「堂ヶ島公園サンセットイルミ」の開催時期に当たりましたので、ホテルの夕食後に歩いて見学しに行きました。海をイメージしているようで青や白が多かったですね。海の生物たちもいました。お子さんが特に喜びそう。

 
リーネ
サンセットイルミの開催時期はバラバラなので開催時期はチェックを。(次回の開催は2023年2月10日~4月10日)

堂ヶ島のトンボロ

もうひとつ楽しみにしていたのが、これまたホテル近くの瀬浜海岸で見られる「堂ヶ島のトンボロ」と呼ばれる現象。干潮時に瀬が現れて橋のようになり、一番近くの象島(伝兵衛島)まで歩いて渡れるというもの。日本でも珍しい現象で、県の天然記念物に指定されているそうです。

この日は9時半ごろに潮位49cm、トンボロを渡れる可能性が少しあるとの予測でした。写真はホテルのロビーから撮影しましたが、右側の写真には少し橋のようなものが現れているのが伝わると良いのですが~。

堂ヶ島のトンボロ◇静岡県西伊豆町
岩がゴツゴツ 渡るのは断念しました

ホテルをチェックアウトし、瀬浜海岸に降りてみました。大きな岩がゴツゴツしていて歩きにくかったです。完全には道が現れず歩いて向こう側に行っている方はどなたもいらっしゃいませんでしたね~(一応ビーチサンダルを持参したのですが渡るのは止めておきました)。トンボロのベストシーズンは3月~9月なのだそうで、この時は10月でしたからちょっと難しかったみたい。これもいつかまたチャレンジしたいです。

 
リーネ
「堂ヶ島温泉郷」のサイト等で潮位表をチェックして訪問する日時を決めると良いです。

道の駅 伊豆月ヶ瀬

西伊豆を後にして、帰路に着きながら立ち寄ったのが「道の駅 伊豆月ヶ瀬」。まだ新しい道の駅でしたがおみやげになりそうな品が充実していてとても楽しかった!かわいい猪の最中がのったソフトクリームも食べました。

沼津港で生しらす&生桜えび丼

生しらす&桜エビ丼◇静岡県沼津市
沼津港の生しらす&桜エビ丼で旅の〆

伊豆に来たらやっぱり食べたい生しらす。東名高速の利用がてら沼津港へ移動して生桜えびとの2色丼を食べたり(店名は失念)、海産物のおみやげを買ったりして今回の旅は終了。また新たな伊豆の魅力を知ることができました。

 
リーネ
日時限定であるイルミネーションとトンボロチャンスが重なって、より楽しい旅行になりました。旅の途中でひと休みしたカフェの記事はこちらです。
関連記事

静岡の伊豆といいますと海のイメージも有りますが、中央部は修善寺など山や川のある風景が美しいです。今回は伊豆市の吉奈地区、川沿いにある和の趣あるカフェ CHAKI CHAKI (ちゃきちゃき)へ。2004年に下田でカフェバーとして開業し、20[…]

CHAKI CHAKI◇静岡県伊豆市

中伊豆~西伊豆 旅行記【2021秋】
更新情報など発信していきます
NO IMAGE

◆ 当ブログ専用instagram ◆

さすらいのカフェラバーのふらりカフェめぐりはこれからも続いてゆきます。よろしければ今後ともお付き合いください。ブックマークへの登録や更新情報をお知らせする当ブログ専用instagramアカウントのフォローもお待ちしています。

CTR IMG