【管理人近況】大好きな金木犀の香りが漂う季節!癒されます。

パーラートチギ / 栃木県栃木市◇大正時代のクラシカルな建物でティータイム

6月から営業再開されていますがマスク着用、席数を減らし3名までの来店などいくつかお願いをされています。最新の情報はお店のSNSで確認してください。

古い蔵が並ぶ通りがあり小江戸と称される街、栃木市。大正時代に建てられた洋館で営まれる素敵なお店があります。2017年2月にグランドオープンしたパーラートチギ(Parlour Tochigi)。飲食部門が先行して2016年12月からスタートしたそうです。

 
リーネ
栃木市には散策の合間に一休みできるカフェも少しずつ増えてきています。私もここ数年は訪問頻度が上がりました。

場所・外観

パーラートチギ◇外観
2017.8 撮影

蔵の街大通り沿いにあります。専用の駐車場は無いので蔵の街第1駐車場など近隣の有料駐車場を利用。重厚な雰囲気を漂わせる洋館で国の登録有形文化財にも指定されています。煙草の卸売商を営んでいた旧家のサロンのような場所だったそう。日本らしい蔵も良いですが洋館もまた素敵、古いものには歴史の重みが宿りますね。大正11年に建てられたそうなのでもうすぐ100年!すごい。

店内の様子

パーラートチギ◇店内
2017.8 撮影

初めて訪問したのは2017年夏のティータイム。許可をいただき席から少し撮影を。高い天井からクラシカルな雰囲気の照明が下がります。落ち着いた色調でまとめられ、お若い店員さんたちがゆったり営業されています。若者がこういう場所を作って地元を盛り上げているというのは素敵なことですね。

パーラートチギ◇店内
2017.8 撮影

席数はそれほど多くないので、2年後に再訪した際はほぼ満席!大きめのテーブルで相席になりました。地元と思われるご家族や観光でいらしている若者など、幅広い客層に利用される人気店です。

パーラートチギ◇店内
2017.8 撮影

ガラス越しにキッチンから漏れてくる光が綺麗。上品な雰囲気にリノベーションされています。2階もあって初訪問時はギャラリーのようになっていましたが、2019年5月にセレクトショップ「物華」がオープン。

メニュー概要

〇  食事系2種類(定食 or スープ)
〇 トースト3種類
〇 スイーツはプリン、ケーキやスコーンなど5種類程度
〇 コーヒー、お茶類、自家製シロップのドリンクなど

栃木市内の農家さんの野菜を使い、作り手や地域のつながりを大切にしているとのこと。

パーラートチギ◇フルーツパウンドケーキ ”Kushi” &本日の珈琲
「フルーツパウンドケーキ ”Kushi” と本日の珈琲」 2017.8

初訪問時はまだスイーツの選択肢が少かったのでパウンドケーキに。料理教室Kushi(クシ)を営む磯部千江子さんによる手作りケーキとのこと。程よいしっとり感、洋酒の効かせ具合でおいしくいただきました。コーヒーは浅煎りでフルーティーな酸味が特徴の「Fuglen Coffeee Rosters」の豆を使用。

 
リーネ
酸味系コーヒーが好きになったきっかけはフグレンのコーヒーなので、栃木でも味わえるようになりうれしいです。酸味系に抵抗がおありな方もぜひ一度。
パーラートチギ◇抹茶のマフィン
「抹茶のマフィン」 2017.8

こちらは一緒に訪問した、もうだいぶ長い付き合いになった友人が注文したもの。抹茶の緑色がきれいです。

パーラートチギ◇マンゴーチーズケーキ
「マンゴーチーズケーキと本日の珈琲」 2019.8

2年後の夏、同じ友人と一緒に再訪。友人はクラシカルなルックスのプリンを注文。インスタ方面でもプリン人気は高く、居合わせた他のお客さんにもプリンを注文されている方が多かったですね。

パーラートチギ◇マンゴーチーズケーキと本日の珈琲
「マンゴーチーズケーキと本日の珈琲」 2019.8

私が注文したマンゴーのチーズケーキは、どちらかというとレアチーズムースのような軽い口当たり。マンゴー独特の風味も味わえておいしかったです。酸味系のコーヒーとの相性もなかなか良し。

洋館のクラシカルな雰囲気の中でおしゃれにティータイム。良い時間が過ごせました。機会があれば食事もいただいてみたいなあ。

最終訪問:2019年8月中旬(2回目)

店舗情報

パーラートチギ◇看板

パーラートチギ(Parlour Tochigi)
栃木県栃木市倭町11-4
フェイスブック
インスタグラム
※駐車場:無し
※JR両毛線・東武日光線栃木駅から徒歩10分程度
(最新の情報はお店のSNSなどで確認してください)

2+
パーラートチギ◇栃木県栃木市
更新情報など発信していきます
NO IMAGE

◆ 当ブログ専用instagram ◆

さすらいのカフェラバーのふらりカフェめぐりはこれからも続いてゆきます。よろしければ今後ともお付き合いください。ブックマークへの登録や更新情報をお知らせする当ブログ専用instagramアカウントのフォローもお待ちしています。

CTR IMG