日によって寒暖差が大きいこのごろ。体調等お気をつけてください~

CAFE DARRENT / 福島県会津若松市 ◇ 愛犬と一緒に歩むスイーツカフェ

福島県に歴史情緒を楽しみに行くならやっぱり会津地方。中心都市である会津若松市には日本百名城である鶴ヶ城(会津若松城)がありますし、戊辰戦争での白虎隊の悲劇も有名です。

会津若松でも観光の合間に楽しみたいカフェ時間。今回は2017年4月18日にオープンした CAFE DARRENT(カフェ ダレント)へ足を運びました。店名は愛犬の “「ダレン」と” という意味。

 
リーネ
コロナ禍もあったとはいえ、オープン直後以来の5年ぶりの訪問になってしまった~!

場所・外観

CAFE DARRENT ◇ 外観
モノトーンの素敵な外観 2022.7 撮影

カフェ ダレントは福島県立博物館のそばにあります。鶴ヶ城からもそう遠くはない場所なので、観光の合間の小休止にも良いですね(それゆえ連休中はだいぶ混雑するそう)。会津若松駅からは離れており徒歩だけで向かうのは大変なので、鶴ヶ城方面のバスを利用した方がスムーズです。

CAFE DARRENT ◇ 駐車場案内
駐車場は3台分あります

車で訪問する場合、駐車場は計3台分と少ないので、グループの方は1台に乗り合わせて訪問を。青いコーンが置いてあるのが目印です。

CAFE DARRENT ◇ 22.7 利用案内
利用案内(2022年7月 撮影)

2022年7月時点の利用案内はこのようなものでした。テイクアウトでの利用はできません。ドッグカフェでは無いものの、犬連れでの利用も可能(大歓迎だそうな)となっています。また2名席が多いため、大人数での利用には不向きですので注意してください(席の予約は受け付けていません)。

店内の様子

CAFE DARRENT ◇ 店内
2022.7 撮影

この日は女性お2人で営業されていました(店主さんとお母さまだと思われる)。遅い時間だったこともあり比較的ゆったりしていた店内。許可をいただき撮影させてもらいました。白が基調の空間ですが、入口から左側の壁はダークブルーになっておりさわやかな印象もプラス。

ダークブルーと白基調の素敵な店内
明るく素敵な雰囲気です

客席はテーブル4卓と壁向きのカウンター3席。前記のとおり2人席が中心で、4人用テーブルはひとつだけとなっています。チャーチチェアなどアンティークの家具が置かれ、ドライフラワーが華やかさを添える素敵な雰囲気です。この時のBGMはJ-POPのオルゴールアレンジ。

メニュー概要

<2022.7 訪問時>
【スイーツ】5~7種類くらい(タルト、シフォンなど内容は日替わり)
【ドリンク】コーヒー、紅茶、ジュース、ソーダなど

食事類はなく、スイーツとドリンクのみで営業。スイーツの内容は日替わりのため行ってみてのお楽しみ。コーヒーの豆はブレンドに須賀川市の「利休」、アイスコーヒーとカフェオレには喜多方市の「樟山珈琲店」のものを使っています。ワンドリンク制(スイーツのみでの利用は不可)、スイーツ・ドリンクともテイクアウトは行っていない点にも留意してください。詳しくはお店のフェイスブックでご確認を。

CAFE DARRENT ◇生チョコと栗入りコーヒーロール / かぼちゃのプリン / オレンジアイスティー
「生チョコと栗入りコーヒーロール / かぼちゃのプリン / オレンジアイスティー」 2022.7

この時は私自身も会津方面への旅行の合間で、遅い時間に訪問。スイーツが何かしら残っていればいいな~という気持ちでしたが、少し残ってくれていました(半分くらいはすでに売り切れ)。ロールケーキとかぼちゃのプリンの2種盛りで注文したところ、メロンシャーベットを付けてくださり豪華な盛り合わせに。

 
リーネ
使用する器も注目して欲しいポイント。この時のお皿も素敵でした~。
CAFE DARRENT ◇ オレンジアイスティー
さわやかで夏にピッタリです

ドリンクは夏ということでオレンジアイスティーにしましたが、自分のブログを読み返したら5年前も注文していました笑。甘さは控えめで、紅茶の香りとオレンジの酸味や甘さがマッチしておいしかったです。

CAFE DARRENT ◇ 生チョコと栗入りコーヒーロール
弾力がある生地がとても好みでした

コーヒーのロールケーキは弾力のある生地でコーヒーの風味が良いですね。クリームに固形の生チョコと栗が入っているのがアクセントになりとてもおいしい~。かぼちゃプリンは、ほぼかぼちゃじゃないか? というくらいぽってり濃い。でも単なるかぼちゃペーストに非ずでお見事!さっぱりしたメロンシャーベットも夏にとてもありがたい存在でした。

 
リーネ
一緒に盛られた会津産のブルーベリーも甘酸っぱくジューシーでおいしかったなあ。
CAFE DARRENT ◇ 店内
これからもダレンと一緒に

店名の由来となった愛犬のダレンは、2022年2月に15歳11ヶ月で旅立ったそうです。ダレンと一緒にいるために作ったというこの場所。私はオープンして間もない時以来の5年ぶりの訪問でしたが、店内のそこかしこに愛犬への想いがこもったモノたちが置かれていて、店主さんのダレンへの愛の大きさをひしひしと感じました。

その後、ご縁がありダレンと同じ犬種であるミニチュア・シュナウザーを新しく迎えられました(ワンちゃんのことはお店のフェイスブックに載っています)。実はこの日、新しい看板犬ちゃんが初出勤していました! まったく思いがけなかった出会いに私自身もびっくり! とってもかわいいワンちゃんでした~。これからも変わらずダレンと一緒に、そして新たな看板犬「すずらん」ちゃんとともにこの場所にあり続けて欲しい。私ももっとたくさんこの場所に足を運びたいなと思いました。

店舗情報

CAFE DARRENT ◇ 看板
最新情報はお店のフェイスブックで確認を

CAFE DARRENT(カフェ ダレント)
福島県会津若松市城前9-54
フェイスブック
※駐車場:有り(3台)
※JR線「会津若松駅」からバス利用で20分程度
※キャッシュレス決済:利用不可(現金のみ)
※席の予約は受け付けしていません
(最新の情報はお店のSNS等で確認してください)

● 訪問記事まとめ ●
・ お店の詳細 & 2度目の訪問(2022.7)【この記事】
・ 3度目(2023.8) 桃とブルーベリー

会津若松市観光

会津若松に設置されたポケモンマンホールは雨の中探し回ってようやく発見(笑)夕方に見る鶴ヶ城は私にとっては新鮮でしたね~(今まで訪問した時は昼間でしたから)。夜には会津若松駅に行って、赤べこの「あかべぇ」に会ってあかべこ音頭を聞いてきました。赤ベコ公園にも行こうと思っていたのに忘れてしまった!くやしい。

会津の味に舌鼓

夕食は居酒屋「彩喰彩酒 會津っこ」(ホットペッパー)へ。会津に初訪問だった夫に会津の味を堪能してもらうことができました!味噌だれで食べる馬刺しは会津ならではですね。こづゆは私も初めていただきましたが具だくさんで上品な味、おいしかったです。

会津周辺観光

翌日は朝から喜多方市に移動して朝ラーメン。人気店の「坂内食堂」は7時からかなり行列していてびっくり(連休中だしね・・・)。柳津町の道の駅にできたラッキー公園は遊具がかわいすぎてテンションが上がってしまいました(お子さんたちに混じって遊ぶまではさすがにしなかった・笑)ポケモンがお好きな方に訪れて欲しいスポットです。

 
リーネ
会津若松の前には裏磐梯にも訪れているので、こちらの記事もぜひ読んでください。
関連記事

会津地方の北部に位置する北塩原村へ2022年の夏に訪れました。裏磐梯(磐梯高原)と呼ばれるエリアにあたり、檜原湖や五色沼湖沼群など多くの湖、そして雄大な磐梯山。自然風景が満喫できる福島県の観光名所です。 リーネ幼い頃[…]

Rotten Row Coffee Roasters◇福島県北塩原村
CAFE DARRENT ◇ 福島県会津若松市
更新情報など発信していきます
NO IMAGE

◆ 当ブログ専用instagram ◆

さすらいのカフェラバーのふらりカフェめぐりはこれからも続いてゆきます。よろしければ今後ともお付き合いください。ブックマークへの登録や更新情報をお知らせする当ブログ専用instagramアカウントのフォローもお待ちしています。

CTR IMG