お花見シーズン到来!春を満喫しましょう!

調理室池田 / 神奈川県川崎市宮前区 ◇ アンティークと市場の喧騒、不調和の面白さ

川崎市宮前区にある「中央卸売市場北部市場」。食肉や魚介、青果などが多数取引されている市場ですが、午前8時~午後1時までは一般客にも解放されているので、市場でのお買い物を楽しむことができます。北部市場内には飲食店もいくつかあるので市場グルメも併せて楽しんでみては。

私がずっと気になっていたお店が、アンティーク家具が置かれたおしゃれな店内で美味しいものが楽しめる 調理室池田(ちょうりしついけだ)。池田夫妻が2018年12月14日にオープンしたお店です。奥さまは料理家で、もともと料理教室の食材を仕入れに北部市場を利用していたのだそう。

場所・外観

川崎市中央卸売市場北部市場案内図
川崎市の北部市場内にあります 2023.4

北部市場の関連商品売場の45番が調理室池田。市場内のいろんなお店を見て回りながら向かいました。一般の人も多く訪れており、入りにくさは意外と感じなかったですね。

アクセスは鉄道の駅からは離れているので車が便利ですが、駐車できる台数に限りがあることには留意。通行証を発行し、南門から入場して左右にある「南側E駐車場」が利用できるそうです(屋上にある駐車場は利用不可とのこと)。詳しくは【川崎市のサイト】を参照。

公共交通機関を利用する場合は、あざみ野や向ヶ丘遊園、たまプラーザ、鷺沼など周辺の駅からバスで向かうことが可能。詳しくは【川崎市のサイト】に書かれています。

(楽なのは 宮前平駅→「北部市場前」バス停 か あざみ野駅→「南水沢」バス停 のルート。たまプラーザは最寄り駅にはなるものの、「平津三叉路」バス停からは市場まで10分ほど歩くことになりそうです)

 
リーネ
今回は川崎に所縁があり、北部市場へも来たことのある夫と一緒に訪れました~。
調理室池田 ◇ 外観
2023.4 撮影

ちょっと迷いながらも調理室池田に無事たどり着けました。ガラス戸になっているので外からでも店内の様子が窺えます。混雑することも多いようなので心配でしたが、この訪問時には空席が少しだけあってラッキー。スムーズに着席できました。

この市場に個人店が入るのは前例が無かったらしく、この場所で開店するにもいろいろ苦労があったそうで。調理室池田の出店がきっかけとなり、今では他にもさまざまな飲食店が北部市場内で営業しています。

店内の様子

入店すると、右手にキッチンカウンターがあり店員さんに声を掛けました。カウンター上にはおいしそうな焼き菓子などが並びます。この段階で注文を済ませてから席に着くという流れでした(会計は退店時)。

 
リーネ
焼き菓子等は見て注文できますが、メニュー表は無し。ドリンクの種類は口頭で伝えられたのでちょっと戸惑いました。
調理室池田 ◇ 店内
アンティーク家具の素敵な店内 2023.4

注文を済ませた後に撮影についてスタッフさんに尋ねましたが、この時は 焼き菓子等を並べているカウンター以外はOK とのこと。なので客席の空いている箇所を部分的に撮影しました。白く塗られた空間にアンティーク家具がたくさん置かれていて、市場内とは思えない素敵さ。

調理室池田 ◇ 店内
多くの席が埋まる人気ぶり 2023.4 撮影

客席は中央に置かれた8人掛けの大きなテーブルと、4人掛け2卓と2人掛け3卓。日曜は市場自体がお休みとなるので、土曜日が混むのかなと思いました。この時のBGMは洋楽でした。

メニュー概要

<2023.4 訪問時>
【フード】サンドウィッチ ツナメルトと日替わりの2種類
【スイーツ】スコーンサンド、バナナブレッドなど 3~5種類程度
【ドリンク】コーヒー、カフェオレ、(もうひとつあったが失念)
【ランチ】(11:45~ラストオーダーまで) お肉、お魚の料理 2~3種類

朝食代わりになりそうなサンドウィッチや、焼きこみ系スイーツが楽しめるラインナップ。ドリンクメニューは少なそうでした(ほぼコーヒーオンリー)。

時間限定のランチメニューもありますが「カフェ~ランチの継続利用はお控えください」とのことなので、ランチがお目当ての方は 11:45 以降に入店するのが◎。内容は日替わりだそう、市場内のお店なので旬の新鮮な食材を使った料理が楽しめそうですね。

調理室池田 ◇ カフェオレ / ヴィクトリアケーキ
「カフェオレ / ヴィクトリアケーキ」 2023.4

夫はカフェオレを注文。スイーツは好きなの選んで良いよと言うのでひとつはヴィクトリアケーキを。あまおうを自家製いちごジャムにして挟んでいるそうで。ややモソモソした生地にジャムとクリームを合わせて口に運ぶと、ちょうど良い甘さに感じました。

調理室池田 ◇ スコーンサンド / コーヒー
「スコーンサンド / コーヒー(コスタリカ)」 2023.4

私はコーヒー(この時はコスタリカ)、そしてスコーンサンド。こちらにもいちごジャムとクリームが挟んでありました。

やや小ぶりのスコーンはバターがたっぷり入っているようで、サクサク感が強くリッチな味わい。なので小ぶりでも満足感はありました。

 
リーネ
ヴィクトリアケーキと並んだ時に「同じようなスイーツを頼んでしまった!」と気づく笑。でも自家製ジャムにこだわりを持つお店なので良しとしましょう。
調理室池田 ◇ 店内
2階はギャラリーになっているようです

お店のインスタグラム、そして訪問された方の写真を見ると、どれもおしゃれで素敵な雰囲気・・・。

実際に訪問してみれば、ふんだんにアンティークが使われた店内が素敵なのは間違いないのですが、外から聞こえてくる市場の鐘の音や威勢の良い掛け声とは不調和に思える。市場にあるお店ならではの個性、面白さを見出すことができそうな方にはお勧めかな。

それとお手拭きや紙ナプキン等は提供されません。カトラリーはテーブルに直置きで提供されます。エコの意味合いがあるのかなと思いますが、そのような点も店内のおしゃれな雰囲気とはギャップを感じる可能性があることを記しておきます。

(店名を決める際に “カフェ”はしっくりこなかった とお店のインスタグラムに書かれていたので、カフェとはニュアンスが微妙にでも異なる指向のお店なのでしょうね。)

サンドウィッチを注文して手づかみで食べる場合、ウェットティッシュ等を持参することをお勧めする口コミを拝見して、なるほどなあと納得。もし再訪できたら、市場で仕入れたマグロを使うというツナメルトサンドを食べてみたいので、覚えておこうと思ったのでした。

店舗情報

調理室池田 ◇ 看板

調理室池田(ちょうりしついけだ)
神奈川県川崎市宮前区水沢1-1-1
川崎市中央卸売市場北部市場 関連棟45
サイト
インスタグラム
※駐車場:北部市場内(南側E駐車場)
※最寄りバス停:北側の「北部市場前」か、南側の「南水沢」
(最新の情報はお店のSNS等で確認してください)

● 川崎市のカフェの記事はこちら ●
【yoffe+】地域の人に愛されるキュートなお菓子屋さん
【CAFE & SPACE L.D.K.】栗平駅前、絶品カステラパンケーキ

調理室池田 ◇ 神奈川県川崎市宮前区
更新情報など発信していきます
NO IMAGE

◆ 当ブログ専用instagram ◆

さすらいのカフェラバーのふらりカフェめぐりはこれからも続いてゆきます。よろしければ今後ともお付き合いください。ブックマークへの登録や更新情報をお知らせする当ブログ専用instagramアカウントのフォローもお待ちしています。

CTR IMG